もう過ぎてしまったけど・・・日本の8月で絶対忘れてはならない日

もう過ぎてしまいましたが、8月6日、9日は日本にとってこの先も絶対に忘れてはいけない日にち。

そして12日はJALの不可解な事件があった日にち。

 

8月というのはなんか不思議な月ですね。

 

*今から書くことは右でも左でもない私が普通に感じることです。どこかの団体や組織に所属しているとかは一切ありませんので、その辺はくれぐれも誤解なきようお願いいたします。

 

JALの事件について、年々ネットニュースの記事などが少なくなってきていることやTVの特番が少なくなっていることを思うと、絶対に風化させてはならない事件なのに・・・という気がします。

未だ真実は明るみにならず、事件を知っている年齢の人たちも混沌とした想いが消えない事件ではないでしょうか?

私は既に事件が起きた1985年は生まれてはいたものの幼稚園児だった頃なので当時の様子はよくわかりませんが、少し調べればこのまま風化させて良いものだとは思えないと思います。(一般にマスコミなどで報道されるような情報ではないものを知っている人も沢山いるはず)

この事件にアメリカが深く関わっていることくらいは、少し情報を集めればわかることです。

ではなぜアメリカが関わっているのか・・・?それはTVや新聞で報道されたりは絶対しないので、自分で調べる必要があります。

 

 

それと原爆が投下された事実も日本人はアメリカなどが作った「日本が悪い」「原爆投下は致し方なかった」という自虐的価値観を植えつけられていますが、

今では日本の教科書の内容が何かおかしいことに気づいている人も多く出てきていると思います。

 

私の祖父母のお墓には祖父の弟が戦争時代に戦死しているので、その名前が墓碑に刻まれていて「戦死」と書かれていることが、以前からすごく気になっていました。

あまり詳しい話を聞かずに祖父も数年前に他界しているので、今となっては詳しいことはよくわからないのですが、多分20代で戦争に趣き、亡くなったのでしょうか・・・。

どこでどう亡くなったのだろう・・・、どんな人だったのだろう・・・?

自分の祖先も戦死された人がいると思うと、当時のことを色々と想像してしまいます。

 

当時の日本は、ルー○ベルトやト○ーマンの極悪非道な策略により、植民地化されて女性・子供が酷い目に合い、人種差別がまかり通りながらも抵抗ができないような条件をのむか、戦うかしか選択肢はありませんでした。

もっとも、アメリカだけではなく諸外国もアジア侵略の邪魔となる日本を死なせるために手を組んだわけですが。

 

こういったことの根底にあるのは、いつの時代も今まで歴史を遡って考えれば、いつもいつも白人による「人種差別意識」が強烈に根付いていることを無視できないと思います。

タイでは戦後に首相となったククリット・プラモード氏がこのような発言をしています。

《日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日東南アジアの諸国民が、米英と対等に話ができるのは、一体誰のおかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである》

 

多分、戦争に関する色々な情報を数年前から見聞きしてきて、この言葉は真実だと私は思いました。

これはもちろん、「日本に感謝して」とかそういうことで思ったのではなくて、日本が当時、軍国主義で他の国を侵略して自滅した、というストーリー自体がものすごくおかしいと以前から思うからです。

 

じっくり考えてみれば、国内の教科書であやふや〜に煙に巻くような感じで習っていることも、隣国が「植民地化された」と恨みを持つのも辻褄が合いませんから。

 

しかしながら、こういったことを日本人だけが少しづつ「なんかおかしい」と気づき、少しづつ知る人が増えるだけでは決してダメだとも思います。(もちろん知らないよりかはマシだとは思います)

正しい辻褄が合う史実を一番知って欲しいのはアメリカやヨーロッパ諸国、ロシアなどの一般の人たち。それと、お隣も・・・。

 

今後こういったことが2度と起こらないようにするために必ず必要なことだと思います。

「日本人が反省すれば良い、だって日本が当時悪かったんだから」などと思っている人たちは世界中で多いと思いますし、それが特に上記の国々でも常識でしょうから。

 

日本の祖先の人たちや当時の人たちが払ったとんでもないあり得ない犠牲を、間違った歴史認識で「真実」とさせていてはいけないし、その状態でこのまま歴史が進めば、再度こういったことが繰り返されていくことは想像に固くありません。

原爆が投下されたのは、単に白人による「人体実験」をしたかったから。

アメリカが言い張るように「日本人や自国民(アメリカ人)を守るため」なんかではありません。そんなの全く辻褄通らないではないですか。

 

そして戦争の根底には「金儲け」があるのです。

 

 

トランプが日本にとって吉なのか凶なのかはよくわかりません。

吉だと思う部分もあるけど、遺伝子組み換えの作物を日本に大量に買わせたり、ゴミ同然のような時代遅れの兵器を日本に買わせたりもしているし。

だけど、今の時代の大事なカードを持っている一人だとは思いますし、善人ヅラしている今までの大統領とはやっていることが違う点もあることは事実だと思います。

あとは、大国の共産主義を倒そうとしていることは評価できると思います。

 

が・・・、、、混乱の世の中である今、これ以上世の中が変な方向に流れていかないことを切に願います。

 

8月は世界が少しでももっと多く、あらゆる場所で平和に近づくように・・・と祈る時期でもあると思うし、日本人と日本を守っていくことを忘れてはならない月だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 久々にセカンドチャンネルに動画アップしました☆

  2. 大統領選が終わって

  3. これからの世の中のことと、今必要な準備

  4. タロットも占星学も「効率よくポイントだけ」はない。

  5. 記事を削除するか迷っていますが・・・(とりあえず今は保留)

  6. 自分ができる錬金術を1つ作ってみる

  7. 冬至も近くなってきて、グレートコンジャンクションも間近。今日も寒い〜

  8. 【フリーランス・独立】サービス内容と活動を決める前に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)